カメラと技術と時々音楽

まぼろしの参考出品 PENTAX 製品

dc.watch.impress.co.jp

スマホの普及によってカメラという事業自体が存続の危機に追いやられており、各社はミラーレスカメラでなんとかしのぎを削っている中、一眼レフ専門のペンタックスは非常に厳しい戦いを強いられている。他社が毎月のように新製品となるレンズを投入するのをカメラ雑誌でちらちら見ながら、何ら音沙汰のないまま辛酸を嘗め続ける忍耐力がペンタックスユーザーには求められている。

このような状況下で今回のような「新製品発表」が突如行われた。短いながらも数年ペンタックスを使ってきた身としては、初めてと言ってもいいくらいの驚きをもって迎えたニュースだった。

ラインナップとして優れているなぁと思うのは、フルサイズユーザーにとっても (自分のような) APS-C ユーザーにとっても嬉しい焦点距離が揃っていることだろう。APS-C ユーザー的には、冒頭の 85mm F1.4 は少し使いみちが難しいなぁと感じるものの、21mm および 16-50mm F2.8 はどちらも標準域として重要な画角。

特に 16-50 のリニューアルはとても嬉しいトピック。ペンタックスの標準ズーム (APS-C) は選択肢が少ない上に設計の古いレンズが多い。その中でも比較的新しくて使いやすい 16-85mm F3.5-5.6 がデファクトのように君臨しているのだが、若干暗いのと無難な写りが逆に物足りなく感じてしまい、少し前に売却してしまった。次はどうしようかと思っているところだったので、選択肢が増えるのはとてもありがたい。また、この調子で 50-135 のリニューアルも 2~3 年後くらいに出ると嬉しいなぁと思ったりしている。(何ならまさに近々 50-135 を中古で買おうと思っていたんだけど、これはリニューアルありそうだなという期待が出てきたので、出るまで待つことにする。出たら新品で買う。)

KP 信者なので APS-C の最新ボディについてはどちらかというと興味がない方なのだが、APS-C のボディを出し続けていかないと当然ながら APS-C のレンズも出なくなってしまうので、応援はしていきたい。