カメラと技術と時々音楽

イヤホンのヒモ問題

イヤホンといえば有線。絶対的に有線だった。無線はいかん。圧縮された音源を Bluetooth のためにさらに圧縮する羽目になってしまう。あとそもそも見栄えも変だ。耳からなんか出てて違和感しかない。この見た目に時代がまだ追いついていない。イヤホンは有線に限る。

頑固一徹を貫いていたが、1 月にワイヤレスイヤホンを買った。

 

ja-jp.sennheiser.com

なんという掌返し。人の気持ちなんてそんなものなのか。

ネットニュースで見たことのある人も多いかもしれないが、もともとは 3 万近い値段が今だけ 40% OFF というニンジンに吊られ、なおかつ当時は仕事でストレッシングだったこともあり、衝動買い。

とはいえ Bluetooth である。音質はあまり期待しないで聴いたのがよかったのか、結果的にはめちゃくちゃ満足してる。気にしていた音質に関しては、もちろん有線の 3 万クラスとは比べ物にならないくらいに悪いけれど、イヤホンとは思えないほどの音場が広がって、音源によってはとても心地よい。

そして何より「ヒモ」ことケーブルがないのがここまで快適だとは思わなかった。動きやすいのはもちろんだけど、着席時においてもヒモがないことのメリットは大きい。なぜかというと、有線イヤホンを装着したときのヒモの重さがなんとも気になってしまう身体になってしまったから。この取り回しの良さは、音質の悪さを十二分に上回る。

とはいえ Bluetooth はまだまだ発展途上に思う。音質もそうだけど、安定性も気になる。例えば電子レンジを動かすと音が一気にブツブツと切れてしまう。これは地味に痛い。無線というフットワークの軽さを生かして料理時にこのイヤホンを使うことも多いのだが、音切れを嫌うあまり電子レンジをなんとか使わないように頑張る自分がいる。料理によってはレンジを回避するのはなかなか難しい。チンしないとカボチャ切るのは大変だし、豆腐の水分を飛ばすこともできない。意外と欠かせないのが電子レンジ。そうすると、無線イヤホンを使うよりもスピーカーがあったほうがいいな。うん、買うしかない。(GoTo沼)

 

www.ear-phone-review.com

それはそうとこれは笑った。カセットプレイヤー風オーディオプレイヤー。時代は廻る。$2199 だそうな。