池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

就活メモ

去年、就活が終わったら後世のために役立つTipsを残そう!と意気込んでいたものの、気付けば1年。いざ終わってみるとそんな思いはどこへやら。気が向いたら書こうなんて、そんな気が向くときなんて早々来ない。

しかし今はどうか。研究のやる気が出ない、でも休日をだらだらと過ごしたくもない。いつ書くの?今ですよね。

よーし書くぞー書くぜーおっしゃー。メモなので、思いついた順に書いていこう。

身の回りのものについて、思ったこと

  • スーツ

    • 安いもので十分だった。高いのはいらない。
    • 青山で2着買った。
    • ネクタイは他の人とかぶりたくなかったから、青+紺の落ち着いたものをよく使っていた
  • カバン、コート

    • 買い足すことはなかった
    • カバンは黒と茶色のストライプ
    • コートはこげ茶色のトレンチコート
    • 特にコートに関しては神経質になる必要はないと思う。少なくとも着ているところは社員に見られないし。
  • メモ

    • 大きいものと小さいものを用意して、小さい方はいざというときいつでも取り出せるようにポケットに入れていた。
  • 折り畳み傘

    • カバンに忍ばせておかないと恐ろしいことになる。
  • スマートフォン

    • もはや移動には欠かせないツール
  • タブレット

    • これはあると便利だった。面接前に喫茶店で軽く企業の情報を集めるのに使っていた。
    • Surfaceを使っていたが、Powerpointが入っているのでプレゼン課題のある企業でもノートPCいらず。手持ちが非常に軽くて済む。

あると便利なAndroidアプリ

就活全体を通して思ったこと

  • 企業への思いを高めておくのが重要。まずはここから。自ずとすべきことが見えてくるはず。

  • 過去を偽るのはハイリスクなのでやらなかった。

  • 平凡なエピソードをいかに光らせるか?非凡にさせるか?面接官の印象に残すか?といったことが重要と思った

  • この頃から既にカメラを買っておけばよかった。総じて、もっと観光を楽しめればよかった。難しいけど

  • 飛行機にたくさん乗る予定なら1つの航空会社に絞ってマイルを貯めるとなんか楽しい。

ほかにも思いついたことがあったら、追記予定です。がんばれ就活生。