カメラと技術と時々音楽

最近思っていること 20200727

連休

だらだらしたり勉強したりと悔いの無いように過ごせたと思う。自己評価は 70 点。それにしても天気が読めないし、梅雨はあけないし、いい具合に試されている。

社会復帰

連休後の勤務初日をなんとか成し終えた。毎度のことながら褒めてあげたい。とはいえ通勤というイベントがないので負担はだいぶ小さい。

ギターの調整

2〜3 年くらい調整に出してなかったので、浅草のリペアショップに預けることにした。

道中は上記の通り突然の雨に打たれたり湿気で嫌な汗のかき方をしてボロボロになりながらも到着。苦労して着いた割にはネックの反りもなくフレットもナットもまだまだ余裕ということで、調整なしでそのまま帰宅することになった。ギターを預けてそのまま散歩しようという算段だったので予定が崩れてしまったが、目先の利益に目をくらませることなくユーザー目線でしっかりと提案できる、いいお店だなと感心した。

免許更新

してきた。ペーパーほどではないが、それでも車に乗らなさすぎてついにゴールドになった。近所の警察署で更新できるのは良い。

コロナ禍ということで人数制限したり間隔をあけて座ったりといった変化があった。また、教官による講習も飛沫対策でビデオになっていた。教壇で立っているだけの、いかにもおしゃべり好きそうな教官のおっちゃんが心なしか寂しそうに見えた。一方で視力検査機をはじめもろもろ消毒なしだったりしたのは若干気になった。とはいえ限界はあるのかな。

写真撮影は語気が強い個性的なおばちゃんが担当で、思わず笑いそうになっていたところをすかさず撮影されてしまい、変な顔の免許証とここ数年付き合わなくてはいけなくなった。

スニーカー

最近頭の中をぐるぐるしているのは、なぜスニーカーのソールのゴムは白いものが多いのだろうということだ。白いと汚れが目立ってしまうではないか。それこそ、新品ほやほやのスニーカーだとしてもちょっと履いただけでいつの間にやら汚れがついてしまった経験が少なくない。最近はナイキやらアディダスやらでソールだけでなく全体が真っ白なモデルが流行ってる(てた?)のは更に狂気的だ。自分がそれを履いた日には恐ろしくて外になんて出られない。いや、玄関でさえも場合によっては汚れが付きかねないので、もはや動くことさえままならない。いっそ、テレビのリモコンにサランラップする友達の家のお母さんにならって、透明なビニールをかぶせて歩けば安心だ。

ともあれ、ソールのゴムが黒いスニーカーがもっと世に出てくれれば嬉しい。

チョコミント

うまい。非チョコミン党員は「チョコミントは歯磨き粉の味がする」とよく主張するが、むしろ自分は最近歯磨きしているとなんだかチョコミントの味がしてきて美味しい心持ちになる。逆転の発想だ。