読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

有名ですが

社長失格

社長失格

ガチで面白かった.
とあるベンチャー企業の繁栄と衰退を生々しく記している本.
銀行がお金を貸さなくなる経緯,ひたすら前向きにぶつかり進む積極性の大切さ,運営のポイントなどなど,得たものは大きい.
そしてこの本のキーパーソンの一人である”夏野”氏の存在.あの夏野さんも元はここにいたんだ.
就職してからぜひまた読みたい.

広告を非表示にする