カメラと技術と時々音楽

小樽と君と


f:id:hurikake:20181118130733j:plain

新千歳から札幌には降りずにそのまま小樽へ行くという優越感。

ただ一つ悔やまれるのは、電車で進行方向右側のシートに座ってしまったこと。

函館本線銭函付近から海岸線を走る絶景のコースになるのだけど、ロングシートかつ海を背にする方向で座ってしまったものだから何も見えない。

一方で向かいに座る方々はなんか自分の方を見て盛り上がってる。

かといってここで後ろを振り向いて景色を見てしまったら負けである。ただの観光客になってしまう。ここは一つ、小樽の住人かのような素振りを見せないといけない。

ただ一つ見えたのは、向かいの窓でわずかに反射するコバルトブルーの景色と、真っ黒な自分の影だった。