池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

バイキング綱元

GR002508.jpg

 

r.gnavi.co.jp

ここをみてからというものずっと行きたかったので、先日の帰省のついでに行ってみた。1380円で時間無制限バイキングができるという魅惑に加え、佐渡ヶ島の新鮮な魚介が食べられるというお店。

感想は、…うーん、ひとまず午後3時という時間帯は良くなかったなぁ。

メインの刺し身は2種類 (タコと赤身)。なんか少ない気がするのはやっぱり時間帯のせいか。

どちらも美味しかったけど、いかんせん1枚が薄切りなのと、人気ゆえにすぐなくなるので、都度補填を待たねばならない (時間無制限なので良いけど)。

刺し身以外はというと、ザ・普通のホテルのバイキング的なクオリティ。刺し身レベルのお寿司を期待したけど、そうはいかなかった。とはいえ、品数が多いので色々楽しめる。

なお、記事で紹介されていたブリしゃぶやマグロの解体ショーはなかった。

とはいえ、自分の期待が大きすぎただけで 1380円 という価格を考えると非常に素晴らしいバランスになっていると思う。これがもし東京にあったら連日大行列になってもいい。

 

総括すると、①時間帯は大事 ②値段以上の価値はある。

ビックスワン (新潟スタジアム) のそばという好立地なので、試合の後なんかに仲間と宴会するのもいいですね。あと佐渡をフィーチャーしているのも嬉しい。佐渡はもっと観光地になっても良いところだと思う。