池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

Tsutaya戦記

8月29日に使えるCDレンタル半額クーポンが来たので,日付が変わったちょうどあたり,午前0時過ぎにツタヤに行った.
実はこの日をずっと待っていて,ここぞとばかりにLITEやフィッシュマンズを借りてやろうという作戦だった.
しかし,あろうことかほとんど貸出済でかろうじてLITEが一枚残っているだけだった.
フィッシュマンズはベストとトリビュートしかなく,まずはオリジナルアルバム派の私にとっては全滅同然.
仕方がないので他に気になるアーティストを幾つか借りることにして,レジでクーポンを使おうとしたらどうやら午前3時を過ぎないと次の日付にならないもよう.したがってまだクーポンは使えませんとのこと.
マジかよ・・・と絶望していると「取り置きしますか?」のお言葉.せっかくなのでと,名前を告げて取り置きしてもらった.これで他の人に借りられる心配はない.


次の日再びツタヤに向かい,「取り置き希望していたフリカケですが」と言うと店員のおねーちゃんは「?」の顔.
あのー昨日まだクーポン使えなかったんで,あーだこーだと事情を説明すると,なるほど,という素振りを見せ探し始めたものの,肝心の取り置き物が見つからない.
おいおい・・・引き継ぎ以前の問題だよ・・・管理全然なってないじゃん・・・と思いながらも,一生懸命返却済棚の膨大なCDの山から所望のものを探してくれるおねーちゃん.
「どんなアーティスト借りました・・・?」「LITEとか,ROVOとかです」「これですか・・・?」そうそうこれこれ!・・・ん?でもまだ1枚足りない.
「あと1枚だけ借りてたと思うんですが,アーティストが思い出せないんですよね」
「>_<」
あー思い出せない.いや思い出せないなら別にいいんだけど.うん,申し訳ないしこれでいいや.「思い出せないのでこれで大丈夫です」
「かしこまりました〜申し訳ございません!バトルスじゃないですものね・・・」


「ドンピシャ!!」


今思うとなんてカジュアルなワードを使ってしまったんだろうと恥ずかしささえ覚えるが(ドンピシャて),そうですバトルス.それです


「本当ですか?いやー,このメンツだとバトルスしか思いつかなかったんですよね〜」
あなたが神か.心強すぎて感動しちゃう.
そんな感じで無事借りたいものも見つかって一安心している中
「(ピッ)LITEかっこいいですよね〜(ピッ)」
「いや,ほんとRSRで見てガチ泣きしちゃって」
「(ピッ)あれはヤバかったですよねー!(ピッ)」
「ホントだったら全部借りてやろうと思ったんですけど一枚しかなくて(笑)」
「あぁー!犯人は私ですね(笑)」
いやーLITEかっこいいですもんねーなるほどーって犯人お前かい.他全部借りてたのあなたですか.どおりで一枚しかなかったわけだ.しかしなんだこの清々しさは.あなたの幸せを願っています.ロックンロール



Battles - My Machines