池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

ミニマムフレーズ

結局今日もカギが見つからなかったので、用務員さんに自転車のカギ受けを壊してもらおうと決心した。
もう吹っ切れて心の準備もできたので、いざお願いしに行ったら!!
なんと、用務員のおじさんがカギを見つけてくれていた!
まさかこんなところで見つかるとは思ってもいなかったので、一瞬気が抜けてしまった。
久々に乗った自転車の乗り心地は、そりゃあ最高でした。
しかし、この一連の出来事はかなり精神的にこたえた…。
カギの管理にはくれぐれもお気を付けください…。