池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

人生イベント

お盆は帰省。

…と、その前に地元新潟のお隣、富山へ向かった。いわゆる結婚挨拶というものになる。

 

GR002472.jpg

かがやいている。

 

GR002477.jpg

東京から2時間ほどで富山着。それなりに緊張をしていたので、当時の自分がみた景色はこんな感じだった。

 

先方にはたいへん丁寧にもてなしていただき、ぬかりなく終わった。義父からグーパンチのひとつでも来るのかと思っていたが、何もなかった。むしろ、自分以上にご両親の緊張がこちらにひしひしと伝わるようだった。

寂しそうに感じられたご家族の姿をみると、まるで自分が泥棒のようでなんだか申し訳ないことをしてしまったような気がしてならなかった。もちろん倫理的には何ら悪いことをしていないことはわかっているのだけど。とはいえ、もっと前からご挨拶しておくべきだったな、という反省はある。

何にせよ身が引き締まる思いである。今後の行動如何でモヤモヤは晴れていくものだと思っている。

 

IMGP8476.jpg

ほっと一息ついて富山駅前の様子。

  

GR002505.jpg

そして高速バスで新潟に来た。

富山~新潟はお隣同士だけど、県庁所在地間の交通はあまり良くなく、最速でも新幹線を乗り継いで約3時間、運賃は片道1万円ほどかかる。それよりは、4時間かかるけど片道4000円で行ける高速バスの方がなにかとお得。

それにしても帰省時に毎回思うけど "What's NIIGATA" というコピーのダサさたるや。新潟っぽい。

 

GR002491.jpg

今回の帰省で最も興奮したのが、ホテルオークラ新潟に宿泊したこと。

高校生の頃、「いつか泊まってみたいなぁ~」なんて思いながらよく前を通りがかったもんだ。美川憲一ディナーショーの看板がよく掲げてあったので、そういうのを好むマダムたちが利用するところ、だという認識だった。

お盆シーズンもあってか、東横インよりもずっと安い価格で泊まることができた。ベッドの寝心地が最高だった。

 

GR002495.jpg

彼女の紹介も無難(?)に終わった。(画像は何か濁りまくってる信濃川

普段はこういうザ・プライベートなことは書かないんだけど、初めての経験こそこういった形で所感とともに記録に残したいという思いもあって、書いた。それを10年後、20年後に見て「若いな~」なんて笑いながら酒の肴にしたい。

かなしいかなしい

すべては将来の幸福のため、日々の生活の中で色々と準備したり汗水たらして仕事したりしているのに、こうも北朝鮮の挑発行為をみせられると頑張る気も自然と失せてくる。なんとかならんもんかねえ。

追い打ちをかけるように悲しいのは、お風呂からあがったら更新プログラムによって勝手に再起動しやがった Windows 10。もろもろ保存しておいてよかったよ。

 

f:id:hurikake:20170810003355p:plain

Firefox よ、謝らないでくれ。お前は何にも悪くない。むしろ Windows、一言くらいなにか言いなさいよ。

 


<TVアニメ「恋と嘘」OPテーマ>フレデリック「かなしいうれしい」Music Video

これ好きだなあ。

フレデリック、どの曲もあざとくて響かなかったんだけどこの曲からはそんないやらしさが感じられない。イントロも良いし理想的なポップ。

悲しみのセッション

 

natalie.mu

先週の水曜日にコレに行ってきた。

DVD で見てあまりに衝撃にふんぞり返って、「これは大音量&大画面で見ないと!」と思った次第。

 

場所はお台場の Zepp Divercity TOKYO。開場まで近くのロッテリアにいたんだけど、店に入ってから商品を受け取るまで30分くらいかかった。外国人観光客の多さと店員の少なさが際立っていたため。まあ仕方ない。それにしてもお台場は観光客に人気ね。

とはいえいい具合に開演時間が近づいてきたので会場へ行ったら、付近にお客さんの気配がない。やってしまった、田舎者あるあるで間違えて Zepp Tokyo に行ってしまった。

急いでアウトレットモールの Venus Port を抜けて Divercity TOKYO へ向かおうとするが、Venus Port 中は迷路のように入り組んでいて超絶迷った。そうだった、方向音痴だった。

いろいろ回っているうちに変な洞窟みたいなところに出て、さらに奥へ行ったところに虹色の通路があって、もうなんかお台場が嫌いになってきたところでやっと Divercity TOKYO へ着いた。上映 5 分前。

あぶねーと思いつつ、受付でチケットを渡そうとしたら…ない。ポケットに入れておいたチケットがなくなっていた。

やってしまった、迷って走り回っているうちに落としたらしい。なんという…ぴぅ~

僅かな望みをかけて元着た道を戻ってみるけど、あるわけがない。というか館内ほぼ回ったから途方に暮れる。

会社早上がりして、りんかい線でぼったくられて、ロッテリアで30分待って、Venus Port で迷った挙句セッションは見られず。この悲しみ、忘れやしない。

 

f:id:hurikake:20170802193512j:plain