カメラと技術と時々音楽

トールサイズ

Sumida

数年ぶりに大学のサークル時代の人たちと飲んだ。先輩後輩入り混じった 7 ~ 8 人くらいの会だったのだけど、そのうちの半分くらいが芸人や役者などのいわゆるエンターテイナーを志していたのには驚いた。このような存在は大げさでもなんでもなく、自分の誇りである。

それにしても、昔に戻った感じがして非常に快い時間だった。最近は飲み会に行くと疲ればかりを感じてしまって心から楽しめなかったので、仕事であれ宴会であれ心理的安全性は最重要である。

 

Oshiage

関係ないけど画像はスカイツリー周辺の夕暮れ。あえてスカイツリーに背を向けて夕焼けを眺めると、再開発前の開けた景色が一瞬だけ垣間見える気がする。

Amazon S3 Glacier Deep Archive で写真をバックアップした場合のコストを試算

背景

  • 写真 (RAW) の保存先に現在外付け HDD を利用しているが、最近異音が気になってきた
  • 写真がおじゃんになるのは嫌なので、どこかにバックアップしたい
  • メジャーな選択肢としては、物理的なディスクを増築する or クラウド上のディスクを利用する の 2 択
  • 前者を採用してしまうと、結局異音 (= 故障) の問題からは逃れられないので後者にしたい
  • 最近発表された AWS の S3 Glacier Deep Archive を使うとどうなるか、机上でコストを試算してみた

現状の利用容量

f:id:hurikake:20190507214940p:plain

22000 ファイルで約 500 GB。意外と少ない…

S3 Glacier Deep Archive の特徴

aws.amazon.com

  • ほとんどアクセスしない、けどとっておきたいデータを低コストで保存できる
  • 必要になったら 12 時間以内にデータを取り出せる
  • データは 3 箇所以上にまたがって保存されるため、理論上はデータのロストが発生しえない

まさに写真 (RAW) のような、マスターデータを保管するのに最適。

料金

aws.amazon.com

や、やすい…

アップロード時にかかる料金 (初回のみ)
  • PUT リクエスト 1,000 リクエストあたり 0.05USD
  • インターネットから Amazon S3 へのデータ転送受信 (イン) 0.00USD/GB

22000 ファイル / 1000 リクエスト * 0.05 = 1.1 USD (約 120 円)

毎月かかる料金
  • ストレージ料金 0.00099USD/GB (米国リージョン)

500 GB * 0.00099 = 0.495 USD (約 55 円)

備考: ダウンロード時にかかる料金
  • データ取り出し 大容量 0.0025USD/GB
  • データ取り出しリクエスト (大容量) 1,000 リクエストあたり 0.10USD
  • Amazon S3 からインターネットへのデータ転送(アウト)0.09USD/GB (月約 10 TB まで)

全ファイルを単純にダウンロードするとして、

500 GB * (0.0025 + 0.09) + 22000 ファイル / 1000 リクエスト * 0.10 = 48.45 USD (約 5500 円)

。少し割高に感じるが、そもそもダウンロードするときはイレギュラーな場面、それこそ HDD がぶっ壊れたときなどだから、基本的には発生しないと思ってよい。

まとめ

120 円かけて一度アップロードしてしまえば、 55 円/月 で運用できることがわかった。万が一データが欲しくなっても 5500 円払うだけで復活できる。

ハードディスクなどの物理メディアを運用していく場合と比べて、

  • 経年劣化に伴う機器の故障
  • 災害による物理的な機器の破損
  • 機器の盗難・紛失
  • 機器の電気代

などを考えなくてよくなるのは大きい。一方、クラウドサービスゆえの心配 (サービス終了、値上げ、不正アクセスなど) もあるので一長一短だが、とりあえずアップロードして運用する (= ダウンロードしない) 限りは大きな痛手にはならないので、やってみる価値がありそう。

 

 

トリトン

IMGP4462.jpg

連休も終わるわけだけれど、月曜日 (今日) が休み、というのが非常にありがたい。社会復帰週間における平日が一個減るわけだから。

非常にのんびりと過ごすことができて、大変有意義な休みだった。お祭り騒ぎなれいわムード (うちの PC ではまだ変換できない) には少し辟易していたけど、これには「ありがとうれいわ」と言わざるをえない。ありがとう。