カメラと技術と時々音楽

不調を活かす余裕

IMGP5903.jpg

業務面が過去最高にハードで、しっかりした食事や休息がとれていない。そのせいかわからないのだけど、今日散歩してたら突如身体に猛烈なかゆみを感じて、気づいたらじんましんのようなものが全身にできていた。原因として考えられるのは、食物、ストレス、細菌感染、そして新型コロナなど様々なものが挙げられるが、どれであってもおかしくない。1 時間くらいでだいぶ治まったものの、ひとまず休息をしっかりとることとする。

で掲題なのだけど、心身が弱っているとき、少なくとも自分はものの見え方とか考え方が平時とかなり違う。しんどいのは当たり前なんだが、一方でこういうときだからこそ得られる感覚があるはず。この普段と異なる力 (?) をなんらかに還元できないかなと。それこそ曲作りとか。例えとしてはよくないが、かつてのミュージシャンがドラッグに手を出して楽曲制作のインスピレーションを得ていたような感じで…。損を得に変換できると、人生楽になるはず。