カメラと技術と時々音楽

リモートにおける仕事場所を考える

f:id:hurikake:20181010153731j:plain

弊社では、成果を出すという前提で決められた曜日にリモートワークが認められている。前職ではほとんど成果を出せずに今日までのうのうと生きてきた太刀なので、大いにびびっていながらも一方でリモート勤務を最大限に満喫している。

今も手探り状態ではあるが、成果を出す上でポイントとなるのが「どこで仕事をするか」という点になる。ここでは代表的な4つの仕事場所について、それぞれ利点と欠点を考えてみる。

 

pros cons
  • 自分だけの空間で仕事ができる。
  • 気にせず独り言をいえる。
  • 身だしなみを気にしなくてよい。
  • 気分転換に家事ができる。
  • インターネットが高速。
  • ディスプレイに繋げられる。
  • 自炊すればお昼ご飯代がかからない。
  • くつろいでしまう。
  • 環境音(ノイズ)が皆無で場合によっては集中できない。
  • 動かないので太る。
  • 一歩も外に出ないで一日を終えるとなんかダメ。

リモートの王道プレイス。

個人的には「気にせず独り言をいえる」のが利点として大きいと思った。仕事をしてると予期せぬエラー等で「なっんでだよパッピ」とかわけわからん言葉が口に出てしまうが、それを抑える必要がないというのは実にストレスフリー。また、思考を整理する目的で放たれる「ここがこうだから、こうなって…」といった独り言がいえるのも大きい。

カフェ

pros cons
  • ちょうどよいノイズ感。
  • 飲み物がおいしい。
  • 画面ののぞき見防止シートが必須。
  • WiFi が遅い or 無い。
  • 安いチェーンのカフェだとイスが固い。
  • 軽食メインでお昼ご飯には向かない。
  • 長居できない。(ルノアール除く)

家と並んで定番の仕事場。

話し声など程よい環境音があるので、逆に集中できることがある。ただ、隣の人との距離が近かったりするため、情報漏えいにはセンシティブにならざるをえない。

公園

pros cons
  • 外の空気を吸いながら仕事ができる。
  • 広い公園なら隣の人との距離も気にならない。
  • 子供の笑い声が良い。
  • 無料。
  • 天気の良い日は日光で画面が見にくい。
  • 場所や季節によっては蚊に刺される。篠崎公園はヤブ蚊がいっぱいいてめっちゃ刺された。
  • 基本的にテザリング
  • 飲食物をあらかじめ用意しておく必要がある。
  • たまにボールが飛んでくる。

一度やってみたかった。

リモートパーク。

イオンモール

pros cons
  • AEONMALLWifi が飛んでる。
  • 平日のフードコートなら長居できる。
  • お腹がすいたときの選択肢が幅広い。
  • 買い物して帰れる。
  • お子様が乱入してくる。
  • のぞき見防止シート(ry
  • 基本的に仕事をする場ではない。

意外だけど割とアリ。

個人的にイオンが好きなので、それだけでやる気が出る。最近のフードコートは電源や Wifi を完備しているところもあり、下手なチェーンカフェを上回る快適さを享受できる。気分転換には店内を歩くことができるし、買い物をすることもできる。

ただ一方、あくまで買い物および飲食をするところなので、仕事をすると場違い感は大きい。若干の行儀の悪さを感じるというか、ご飯に味噌汁をぶっかけて食べているような感覚がある(子供の頃給食でこれをやって先生に叱られた記憶)。いや、それを言ったら公園も同じようなもんだけど。

総括

仕事の捗り具合でいうとやはり家が良かった。思えば受験勉強も家でしかやっていなかったので、この結果には納得。

ただ、家にこもりっぱなしだと集中力やモチベーションを保つのが難しいので、必要に応じて公園やカフェも活用していければ良いと思う。イオンモールは朝イチに行って、奥様方で賑わい出す昼下がりには帰るのが良さそう(邪魔になるといけないので)。

ほかにも良さそうな場所ががあったら随時試しながら、成果へのこだわりを強くしていきたいと思う。

ひとまずリモートパークが言えて満足。