池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

社会復帰

GR003343.jpg

新天地での1週間がようやく終了。いやー疲れた。疲れましたね~。家帰ってパソコン開く余裕が全く生まれなかった。

転職するまでの有休も2~3週間くらいあったので、どっと疲れたのはその反動もでかい。まさに社会復帰。慣れるまでしばらくはへとへとの日々が続きそうだ。

転職してみて、第一にスキル不足を痛感している次第。前職でやってきたことと現職で求められていることがうまくマッチしていないというか。「あー、なんとなくわかるけど、それ以上はさっぱり」といったケースが多い。中途でこんなんですけどほんとにいいんすか?みたいな、これじゃ即戦力じゃねーやん、みたいな戸惑いがある。一方で、面接で OK を出してくれた方々と一緒のチームで働いているので、少し気が楽だったりもするが(笑)。

ちなみに同時期に入社した人に聞くと「あなたも私もポテンシャル採用じゃないんですか」と言われた。なるほど…確かに!

何はともあれ、運良くも優しいメンバーばかりで質問しやすい環境にあるので、まずはガーッと必要な知識をつけるところから始めようと思う。

その他、勤怠の自由さとか社員間の近さとかそういったベンチャー特有の文化にも一通り驚いたが、今はもうそれが当たり前になってしまった。見方を変えれば少しは会社に慣れることができたのかもしれない。

 

ちなみに写真のカットトマトは西友で買ったものなんですが、最近衝撃を受けたものの1つ。ふつう「トマト缶」じゃないですか。でも紙パックなんですよ。トマトパック。あの缶のゴミが出ないし、缶を開けるときのトマト汁がビチャって飛ぶ恐怖からも開放される。なんと素晴らしいのか。そして価格や味も缶と比べても特に遜色ない。

さらにどうでもいいんですがこの紙パックのイラストを見ていたらシガー・ロスの「Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust」を思い出してしまったことをここに報告しておきます。

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust

Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust