池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

歩き煙草と通勤路

Yamanote Line

会社最寄り駅を降りてからの通勤路には、「うるさい大通り沿い」と「遠回りだけど閑静な住宅地沿い」の2種類がある。喧騒から極力離れたい自分にとっては後者がぴったり。

お陰で穏やかな気持ちで通勤できるものの、一点だけ問題がある。それは歩き煙草するオッサンの問題。

閑静ルートでは人通りがそこまで多くないからか、やけに歩き煙草が目立つ。区としては歩き煙草禁止条例があるが、あくまで「努力義務」なのでほとんど吸ってもかまわんよと言ってるようなもの。

幼稚園に通園する親子連れも頻繁に往来するので、なんだか残念。

 

そして自分の気持ちをみだりに複雑にさせているのは、ある場所を越えるとオッサン達が一斉に煙草を吸い止めること。通勤路の途中で区が跨ぐのだけど、跨いだあとの区条例は努力義務もつかない「歩き煙草全面禁止」となっているのが理由である。

なるほど、歩き煙草はするけどそういうところは守るのか…うん、確かに警察に捕まるようなことはしていない。でも、そこを守るならいっそ吸わないという選択肢はないものか…いや、オッサンらにとってみれば「昔はどこでも吸えた。これでもマナーを守ってる方だ」なんて言うかもしれない。世知辛い