池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

フラストレーションとフラストレーション

仕事、フラストレーションが溜まる日。Frustration in my blood。

久しぶりにナンバーガールを聴いたらいろいろな発見があって嬉しい。


NUMBER GIRL - Frustration in My Blood

アルバムの中でも特に好きだったなこの曲。初めて聴いたときは「フラストレーション (いらいら、失望) を謳っている曲なのに、なんでこんなにサビは明るい曲調なんだ」と不思議に思ったけど、実はこれってフラストレーション (性的な欲求不満) のことだったのか!

いやでも曲からは現代社会を生きるモヤモヤとした生き辛さみたいなものも感じる。それは曲からというよりバンド自身が持っていたものか。なんとでも捉えられるなあ。音楽の良いところは、自分の好きなように理解して自身の糧にできるところ、だと思う。