池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

魅せられて

恥ずかしながら映画に関しては2ヶ月に一度観るくらいのライトユーザー。音楽や写真などに比べると、そこまでの熱はない。

でもそういえば自分はミュージカルが好きなんだったと最近思い出し、時間を見つけて話題のミュージカル映画を2本観た。

実写版の「美女と野獣」は、『ディズニーか~子供向けだなぁ』と一瞬でも思った自分を呪いたくなるくらいの素晴らしい出来。テンポの良さ、歌と踊りのクオリティ、創り上げられた世界観、どれをとっても一級品。さすがディズニーらしい悪役も最高。

そして今更感漂う「ラ・ラ・ランド」。結果的に今まで観た映画の中でも一二を争うほどのお気に入りとなった。いちいち挟まれる踊りには圧倒されて何度も目が潤んだ。鑑賞後のあのほろ苦い気持ちは決して忘れられない。自分にとっては、ああいった終わり方がこれほどになくしっくり来るし、大いに琴線に触れたのです。

立川のシネマシティ、通称「極音シアター」で観られたのも大きい。劇中のジャズの演奏、特にトランペットのどこまでも伸びていく音はまさに格別だった。

ミュージカルはずるいなあ。今週は毎日仕事早く終わらせてツタヤに入り浸るか。