読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

そり立つ壁

明日は大学時代にお世話になった先輩の披露宴。

ということで、ただいま左利き最大の関門として恐れられている「ご祝儀袋 with 筆ペン」と格闘中。

練習した結果を見てみると、10分の9くらいの確率で失敗している。

こればっかりは幼少時での因果応報としか言いようがない。とはいえ、伸び伸びと育ててくれた親には大変感謝している。

先輩への祝福の気持ちで乗り切ろう。

朝7時の飛行機だから、まさかのご祝儀袋で徹夜か。

広告を非表示にする