池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

伊豆の旅: その3 (東伊豆~北伊豆)

その2はこちら。

hurikake.hatenadiary.jp

5/1

東伊豆: 城ヶ崎海岸 (こわいダス)

この日はクルマを走らせて伊東市は城ヶ崎へ。

IMGP5390.jpg

サスペンスに出てきそうな崖を堪能できる。

 

 

kadowaki bridge

崖へと続く門脇橋も見どころの一つ。高所恐怖症の私にとっては苦行でしかない。

 

jogasaki coast

頑張って橋を渡り切ると、見渡す限りの水平線が僕を待つ。

 

IMGP5396.jpg

雄大だけど、いかんせん高所恐怖症の私にとっては楽しむ余裕がなかった。

 

東伊豆: ぼら納屋 (淡泊)

IMGP4293.jpg

海岸近くの食堂でご飯。しらす丼+わさび丼のセットを頼む。

 

IMGP4294.jpg

こちらはわさび丼。

やけに淡白な味だなぁと思っていたら実は醤油をかけ忘れていた。当たり前だ、ご飯にかつおぶしとわさびしか乗ってないんだから。

痛恨のミス。

 

北伊豆: 来宮神社 (観光地オブ観光地)

kinomiya shrine

熱海にやってきた。

熱海の中でも定番スポットの神社へ。

ちょうどこの写真を撮ったあたりの位置に、スマホで写真を撮るための台がわざわざ設置してある。サイトシーアー・フレンドリー。

 

big kusunoki

天然記念物の巨大クスノキ。圧倒です。

 

IMGP5407.jpg

こんなお茶目なものも。

ほかにも、神社なのにカフェが併設されていた。GWということもあって大盛況。

神社の域をこえていた。 

 

北伊豆: 平和通り

heiwa ginza

熱海駅すぐの平和銀座。

レトロでいい雰囲気である。

 

IMGP5428.jpg

おいしいものがたくさん売られていたけど人混みに酔いそうだったのであまり楽しめず。

さすがは熱海といったところ。

 

IMGP5429.jpg

 ちょっと商店街から外れると、こんな風に道端で温泉が湧いてたりする。

 

北伊豆: 笑ぎょ (幸福)

IMGP4304.jpg

名物海鮮料理店で大好きなアジフライを。

サクサクのアジフライを口いっぱいにかぶりついた時の幸せは文章に表せない。

 

北伊豆: 旅館静香 (幸福2)

pudding

石舟庵のプリン。うまい。

特筆すべきは、この日泊まった旅館「静香」さん。部屋は広いし、露天風呂を貸し切りで使えるし、対応も丁寧。なにより値段がお手頃。こりゃもう、いいところを見つけたなあというほっこり感。

素敵な宿でぐっすり。

 

5/2

北伊豆: 三島スカイウォーク (キチ〇イ)

IMGP5454.jpg

最終日は三島の新名物スポット、その名も三島スカイウォーク。昨年完成とのことで、駐車場は大混雑。

 

70m high

地上70m、全長400mの橋。

そりゃもう…地獄ですよ。こんなのに喜んで1000円も払って行くとかね、もうね、アホかと。。

一年分の汗をかいた気がする。

 

400m tall

ちなみに帰りもこの橋を渡って帰らなければいけない。

これ、往路で全体力を消費してしまった人はどうすればいいのか。私は正直途方に暮れてしまった。

とりあえず…高いところが好きな方はおススメ。それ以外の方はおススメしない。 

 

北伊豆: 三島駅 (去らば)

IMGP5465.jpg

そんなこんなであっという間の伊豆旅行でした。

新幹線、早すぎて旅という感じがしなかった…。

 

まとめ

  • 車中泊はもうしない。
  • 虹の郷はカオス。
  • わさびは食べ過ぎると飽きる。
  • ホテルもいいけど民宿・旅館もいいよ。
  • 三島スカイウォークは行かないほうがいい。
  • 伊豆は自然と食を思う存分満喫できる、素敵なところ。