池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

ブログの未来はWowWow

internet.watch.impress.co.jp

 

うおー、めっちゃデザインが素敵。

 

これを見て、ひとつ、思ったことがあって。

ブログのデザインって、それが洗練されていればある程度記事への信頼性が担保される気がする。「綺麗なサイトだな」→「頑張って作ってるんだな」→「記事もきっと頑張って調べて書いてるんだな」みたいな。

なので、しっかりとデザインされていて、なおかつ良質な記事を書き続けているブログに出会ったときは嬉しい。

でも、昨今のインターネット界、もとい日本のブログ界は、金儲けを目的としたコピペブログやアフィリエイトブログで蔓延っている。調べ物をしていて先に挙げたようなブログへたどり着いた時の虚しさは異常。まあ、一昔前のコピペブログなんかはデザインが手抜きだったりしたので、ひと目で「これはやばいブログだな」と判断できた。

しかし、冒頭で挙げたような高いデザイン性を持つブログが誰でも作れるようになると、いよいよデザインによる説得力は消滅しうる。デザインからは記事の信憑性や有用性を判断できなくなる。

そうなると我々は記事の中身をしっかりと吟味していく必要がある。多くの人にとってはそれが当たり前というか、日常茶飯事になっているわけだけど、一方で情報の真偽を見極められない人も一定数いるわけで、そういう人たちがアフィリエイトの売上を高めるための恰好のカモになってしまう。

「カモ」をたくさん得るために、彼らはますますデザインに傾倒するようになり、ますます彼らの書く文章の質は落ち、結果インターネット上にノイズが増大していく。

残された希望はただひとつ、検索エンジンがいかに有害情報をブロックしてくれるか、にかかっているのではないか。そんな戯れ言、かつノイズの一端でした。