読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

引っ越し準備

月末に向けて引っ越しの準備を細々と始めている。

IMGP0811

Pentax Q-S1 (01 STANDARD PRIME), 8.5 mm, f/1.9, ISO 640, 1/20 sec, 0 EV

6年間も同じ家に住んでいたから、整理しなければいけないものが山のようにある。

例えば洋服もそう。着なくなった服が山ほど。これ、ほとんどが大学1年生のときに買ったもの。どれもオークションで数百円だった。基本的にハイセンスな服はない。でも当時はこれがかっこいいと思っていたのだから、いい勉強代になったなと思う。そして趣味の変遷ってすごいなとも思った。

これらを捨てるのはもったいないので、リサイクル屋さんに頼もうと思っている。当初は今日、出張買取してくれる業者を呼ぼうとしていたのだけど、なんだか家に知らない人が入ってくることに萎縮してやめた。その代わり、着払いの宅配便で送ることで査定した分のお金を振り込んでくれる業者を見つけたので、こちらにしようと思う。

一番手軽なのはセカンドストリートとかに持っていくパターンだけど、ノーブランド品を受け取ってくれない場合があると聞いて断念。お金にならなくてもいいから、とりあえず受け取ってくれそうなところがいいなぁ。

服のことばかり考えて良いわけではなく、引越し屋さんから段ボールが既に送られてきており、荷詰めも開始しなきゃいけない。思えば、本格的な引っ越しは初めてだった。地元から札幌に来たときは、本当にごくわずかなものしか送らなかったので佐川急便で数箱頼んだくらい。なぜなら今住んでいるマンションにはベッドや机などの生活家具が一通り揃っているため、それこそ服とかCDといったものしか送る必要がなかった。

しかし、そうなると別の問題が浮上してくる。それは、来月からの新居のために生活家具を揃えなければいけないということ。まさしくベッド、机あたりは当日揃えないとまともに生活できない気がする。結構出費がかかりそうで、今から憂鬱である。

広告を非表示にする