読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

自動車教習日記 vol.10

ご無沙汰ですが、週4くらいの頻度でコツコツやってきています。
気づけば高速道路とみきわめを残すのみまできた。学科も全部ゲット。


こっちの路面はもう最悪の状況で、特に今日なんかブラックバーンしてるしわだち多すぎで常時20km/hしか出せないような環境の中教習。
相変わらず車線も何も見えなくて、停止線の標識が驚くほど手前に存在する、とある交差点では指導員のブレーキがなければあやうく信号無視するところだった。
ただこの雪の嬉しいところは、片側二車線のような道路が除雪された雪の影響で一車線になるということ。
右側車線は路駐がいなくて便利だけどその分右折車を待たないといけないから、基本的には先に路駐がいなければ左側車線を使えとよく言われていた。ただその路駐のとっさの判断がなかなか難しくて、前方にいるのに左側入っちゃったりとかの凡ミスが目立っていた。その時は右側に戻ればいいだけなんだけど、未だに車線変更が怖いのであまり使いたくないなーという印象。
しかし雪で左側車線が埋まると必然的に真ん中しか走行できないので、左折時や停車時以外は何も考えず真ん中を通っても良いというメリットがある。さらに車線が減った分渋滞しやすいためスピードが出せず、その分判断もじっくり考えながら行えたり、急な飛び出しにも対応しやすい。自転車やバイクもほとんどいない。こう考えるといいところも少なくないなあ。(いざ免許取って雪解けたらどうする)
雪道にも慣れられることからも、冬に免許取るのも悪くないと思った。

広告を非表示にする