読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

出張のまとめ

misc research

■17日
スカイマークで成田へ。
学生身分だから、スカイマークくらいの接客態度が気が楽でいい。
ペコペコされると恐縮してしまう。
成田から千葉へ行く電車でまず迷い、小一時間を消費する。
結局、特急以外なら大丈夫ということに気付いて、なんとか到着。
千葉駅から予約していたホテルまで着くのに、小一時間。(ちなみに東横イン千葉駅前店)
やはり極度の方向音痴は都会の一人旅など無理なのか…と落ち込んだが、「東横イン こっち」みたいな看板を見つけてなんとかチェックインすることができた。
荷物を置いて、さっそく都会―TOKAI―へ繰り出す。下調べを入念に行い、今度はミスなく目的地の浅草へ乗り継ぐことができた。
浅草を軽く回ったり、スカイツリーを撮ったりしたあとは、そのまま東京の友人達と飲む。
汚い屋台の店や、こじんまりとした居酒屋など、さまざまなところに連れて行ってもらい、東京を満喫。
最後は神田川を見ながら友人の川好きについての話題で持ちきりだった。

■18日
ホテルの朝食バイキングでひじきが出てテンションが上がり、ひたすら食べていた。
急いで支度し千葉大学へ向かい、学会へ。千葉はさすがにまだ暑い。一日目は聴講のみ。
お昼は学食に行ってみたが、他の学会もあったことから行列がすごくて断念。購買へ行ったら広くてびっくりした。うちの大学の狭さたるや。あれくらい広いと快適に選べるわ。
終了後、懇親会に出ようか迷ったが指導教官の先生にご飯に連れて行ってもらうことになったので、そちらへ行った。先生と、先生の先輩と、3人で飲ませていただいた。
先生が普段ダイエットしてるから今日だけは特別だ、などと言っていて、料理を注文しまくっていた。血糖値上がりますよ!(笑)
自分もたくさん御馳走してもらい、満足の夜だった。

■19日
2日目は自分が発表。発表自体は問題なかった…と思っていたが、あとで録音した音声を聞いてみると意外と聞きづらいことがわかった。間投詞が多い上に、なんか前半は緊張していたからか、片言だった。
質疑はもう悲惨で、詰めの甘さが露呈した感じだった。
ただ、一つぶち込んだくすぐりがそこそこ受けたので、そこだけは満足・・・
お昼はまた先生にパスタをおごってもらい。御馳走様です。
学会終了後、疲れた身体を引きずりながら秋葉原へ。
閉店セールだかなんだかで、一万の時計が千円とか言っていたので疑心暗鬼ながらも一本買う。まぁ店のおっちゃんのキャラが良かったからいいや。
軽くぶらぶらした後、横浜に住んでいる友人達と飲む。

■20日
5時起き。のはずが、5時30分起き。急いで支度して空港へ。
さよなら千葉県。楽しかったよ。早く千葉駅改装終わるといいな。
昼ごろ札幌に無事到着。予想していたほど寒くはなく、厚着してきた意味がなかった。
マックでダブルチーズバーガー×2+月見バーガーを食べ、気持ち悪くなる。
家でとりあえず爆睡。
夕飯は豪勢にハンバーグ。肉肉しい日になった。


■総括
毎日飲んでた。学会も楽しかったし、非常にためになった。今後の課題も明確になった。
とりあえず明日、あさってあたりからまた論文書きに入りそう。
本当に楽しかったなぁ。いろいろなところで迷ったけど、日本においてはなんとか一人でも生きていけそうだ。方向音痴は治せない。

広告を非表示にする