読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

タウンエイジ

TOWN AGE

TOWN AGE

相対性理論の最新アルバム、最近ようやく聞けた。
世間では賛否両論の作品。自分自身もタルトタタンや進行方向が大好きな真部信者なので、彼らの脱退による音楽性の変化については結構覚悟してた。
でも、実際に聞いてみたらとても違和感なくすんなり受け入れられたのは、永井さんがインタビューで言っていた通り、過去曲をメンバー全員で作曲していたからなのかな。
前作(シンクロニシティーン)と比べると、しんみりとした、静かな感じになった印象が強い。けど、個人的にその前作がこってり濃厚に感じてしまいなかなかリピートして聞けなかった自分にとっては、今作はかなりお気に入り。「ハイファイ新書」と一位を争ってます。
マイナーコードばっかりの、全体に漂うなんとなく物哀しい感じが好き。
あと、今作のヴォーカルは際立って好き。
歌詞回しも今までで一番遊んでるというか、相変わらず頭から離れない節を連発してくれているんだけど、特に今作は洗練されていると感じる。
「BATACO」の「カタルシス感じます 感情移入しちゃいます」とか、「ジョンQ」の「ジョン・タイター どうなった」・・・普通に生活していたらまず出会わない文字の羅列ばかり。
特に好きなのはTr1, 6, 7, 9 あたり。特にTr.7の「ジョンQ」はドツボ。四つ打ちって、ああいう風に使うんだなって思った。名曲。

広告を非表示にする