池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

今夜も卒業アルバム

うちの研究室は音声録音のために使える防音室がある.
中に入ると自分の声しか聞こえず,外部からの音はまず聞こえない.
じゃあ逆に,中からの音は外にどれだけ聞こえるのかを先ほど調べてもらったら,完全にシャットアウトできるわけではなかったが,かなり大きい声を出さないと音は漏れなかったらしい.聞こえたとしてもかすかなレベルのようだ.


ということはだ.叫びたくなったらここに入って叫べばいいし,楽器を弾きたくなったらここに入って弾けばいい.なにより,歌いたくなったらここに入って歌える!もちろんある程度の音響機器は揃っているし,ノートパソコンも持ち込み可能.すなわち,いつでもヒトカラができるということだ.
これは大きい.実際この部屋は研究分野の関係上,僕以外ほとんど使わないみたいなので,大体いつでも使える.
なんていい研究室に入ったんだ.早速一歌いしてくる.