池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

FBが苦手な理由

フェイスブックが幕を閉じる日が近づいている 新規サービスが続々登場、すでに淘汰の段階に入った

ただフェイスブックや画像の発信内容を吟味すると、多くの場合、「この写真を見て下さい」という自己顕示欲の断片が幾層にも重なった姿にたどり着く。SNSの特質でもあるが、自分の暗部を積極的に見せることはない。

 そうなると、フェイスブックが到達する点は虚像なのではないかとの思いが強まる。


ここですよね.