読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

久々フレッシュネス

misc life-school life

彼女と歩いてたら、道端で弁当食ってる汚いおっさんに話しかけられた。
やばいー絡まれたーと思ったけど、話を聞いてみると実は恋愛応援をしてくれただけだった。
色々と赤面するような助言をもらう。
別れ際にはなぜか英語で「Have a nice day!」
何故そこで英会話。
われわれは彼を地上に光臨した聖バレンタインと呼ぶことにした。
数時間後なんとなく同じ道を通ってみたら、まだ同じところで弁当食ってた。
弁当に時間かけすぎ。


とまぁ、明るい頃は楽しい事があったわけですけれども、
バイト後家に帰って授業の履修登録をしようとしたところ。
外国語演習の登録締め切りが過ぎていたことに今更気付く。
周りが誰も取ってなかったから油断した。
教科書もせっかく買ったのに…///
来年また頑張るしかない。

広告を非表示にする