池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

インフルかぁ

■14日(午後)
化学の実験があった。
前回の二の舞にならないように、みっちり予習してきた…のに!
なぜかうまくいかずブルー。
絶対機械がおかしい。


■15日
特に何もない日。
6限にGWの分の授業をやらされたくらい。


■16日
午前はバイト。
なかなかいい感じで。
午後は師匠に落語を披露。
・・・のはずだったんだけれど、明らかに台本の内容を忘れすぎてやばかった。
家でやったときはかなり頭に入ってて、内心イケるとは思ってた。
けど、実際に人に見せるとなるとかなり頭から飛んでしまった。
当たり前だけど、家で一人でやるのと人に見せるのでは雲泥の差があるに決まってる。
師匠にも半ば呆れられてしまったし、自分でもショックすぎた。
次の日はサークル内で発表(!)だったので、家に帰ってひたすら練習した。
もうこの日は正直辛かった。出来事にしろ練習にしろ。


■17日
いよいよ発表。
先日の練習の甲斐あってか、ほとんど詰まらずに喋られた!
確かにあやふやになったところはあったけど、何とかアドリブを駆使して乗り切った!
師匠も自分も大喜び。
あと発表したあとに他の人から意見をもらうっていうスタイルなんだけど、
これは正直ぼろくそ言われるなぁ…と思っていたものの、
実際そこまで酷く言われることもなく、むしろ褒められる点が幾つかあって本当に嬉しかった。
この日さえ乗り切れば、あとは文化祭まで3週間程度あるから余裕ができる。


■18日
実験のレポート難しすぎる。
そしてバイトです。
今日は本当にぶっ倒れるかと思ったくらい死にそうだった。
助けがなかったら死んでた。
本当に慣れられるものなのだろうか…
まぁ弱音を吐いていても仕方がないので。
仕事内容としては大体覚えられてきたから、あとは身体がついてこれるか。
あー先輩凄すぎるぜ。