池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

「すごい」と「すごく」をきちんと使い分けている芸能人は偉い

鍵は見つからず…
そして、暑い。
徒歩での帰りは死にそうだった。
身の危険を感じつつも、120円すら出す気が起きなかった自分のセコさに泣く。
なんとか家に帰って桃にかぶりついたらリンゴ並みの固さで泣く。
そして酸っぱくて泣く。
足がじんじん痛い。靴擦れ天国。