池と沼は同じだった

いつか札幌に移住したい26歳です。

カメラと技術と時々音楽

SBC-HP830

1〜2ヶ月経ってエージングも進行してきたと思うので、再度ヘッドフォンのレビューをしたいと思います;


ちなみに使用時間は、1日2〜3時間を2ヶ月弱です。
ただ、テスト期間中は使っていない日が多かったです。


■装着感


1週間ほどティッシュの箱に挟んでおいたら、だいぶ良くなりました。
しかしながら所詮「だいぶ」なんです。一定のレベル以上は緩くなりません。
これ以上緩くさせるには、危険ですがヘッドバンドをぐいぐい開くしかないでしょう。
個人的にはティッシュ箱だけで十分使えました。


■音


なんというか、ヘッドフォンというより自分自身のエージングが進行した気がします。
独特の定位感は慣れてしまうと何も気にならなくなります。
最初の頃はロック系はいまいちかなぁ、と思っていたのですが、今聴くと全然いけます。
ただ、ナンバーガールの音だけは未だに厳しいです。このヘッドフォンの音も独特ですが、ナンバガの音も独特なので聴きづらいのかもしれません。


楽器の音ですが、高音がシャリシャリ言ってます。気にしなきゃ気にならないのですが。
低音はおとなしくなって全体的にまろやかな音になりました。


■総評


使い込むほどに印象が良くなっていく気がしました。
かなりお得な買い物をしたと思いました。
いつ買えなくなるかわからないので、興味のある方はお早めにどうぞ…。
恐らくこれを4〜5年は使い込むと思います。というより、使い込みたいです。